ご存知ですか?ZEH(ゼッチ)

ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス

ZEH(ゼッチ)とは、Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の略。住まいの断熱性・省エネ性能を上げること、そして太陽光発電などでエネルギーを創ることにより、年間の一次消費エネルギー量(空調・給湯・照明・換気)の収支をプラスマイナス「ゼロ」にする住宅を指します。
そのZEHについて、詳しくご紹介いたします。

01ZEHゼッチ(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは?

地球温暖化ガスの排出量削減が世界的な課題となっており、国内においても住宅の省エネルギー化は最重要課題のひとつとして位置付けられています。

そこで、これまでの省エネに加え「創エネルギー」を導入し、自宅で消費するエネルギー量より自宅で創るエネルギー量が多い=ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の暮らしに注目が集まっています。
政府は2020年までに標準的な新築住宅での実現を推進しています。

政府目標

住宅については2020年までにZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)を 標準的な新築住宅とすることを目指す。
2030年までに新築住宅の平均でZEHの実現を目指す。
※エネルギー基本計画

一言で言えば、使う電力<創る電力

住宅の高断熱性能、省エネ設備機器、HEMS、太陽光発電システム等を組み合わせ、エネルギー消費を上回るエネルギーを自宅で発電し、エネルギー収支をゼロまたはプラスにする住まいのこと。

02ZEHゼッチの家を建てるには?

ZEH達成に必要なのは、断熱・省エネ・創エネの3つ

※冷暖房設備、換気設備、照明設備、給湯設備、のエネルギー消費量をそれぞれ計算し、合計して算出。

  • 断熱

    断熱性能を向上して、エネルギーロスを最小限とする住宅を建てましょう。(夏は涼しく、冬は暖かい住宅)

    POINT 1
  • 省エネ

    家で消費する電力量を減らすために、HEMSや省エネ性の高い機器・照明等を付けましょう。

    POINT 2
  • 創エネ

    家で消費するよりも多くのエネルギーを創るために、たっぷり太陽光発電でしっかり発電しましょう。

    POINT 3

ZEHゼッチ普及に向けた国のロードマップ

※出所 経済産業省「ZEHロードマップ検討委員会とりまとめ」(2015年12月)

ZEH受託率目標

フクダハウジング株式会社では、注文住宅におけるZEH(Neary ZEHを含む)が占める割合を2020年度までにZEH普及目標を右記の通りに設定します。

平成28年度
0%
平成29年度
15%
平成30年度
30%
平成31年度
40%
平成32年度
55%

■ZEHの周知・普及に向けた具体策
自社のHPや住宅情報誌・完成見学会などでZEHの必要性・メリットを幅広いお客様へお伝えします。

■ZEHのコストダウンに向けた具体策
自社の断熱仕様・設備仕様を見直すと共に、お客様の建築地に合ったプランニング・開口部の配置などの配慮を基本設計の段階から行い、最終的なコストダウンに繋がるよう努めます。

■その他の取り組みなど
・ZEHのメリットをお客様に理解して頂くツールの整備
・建築後のデータ集積
・お客様へのアナウンス
・ZEHモニター募集

ZEH受託実績

平成28年度
0%